« オカメパニックで出血&脱臼 | トップページ | 再入院でやや回復、そして先生になつく »

2011年2月 8日 (火)

その後のチョコの状態

前回の記事からすぐによい報告ができるものと思っていましたが、その後、予想外にチョコの状態が悪化したため、更新すべきかどうか迷い、今日に至ってしまいました。 また、チョコを応援して下さった皆さまのブログにも遊びに行けず、まことに申し訳ございません。m(__)m  あまり良い話ではないので気が引けるのですが、ずっとブログをほったらかしにするのもよくないと思い、その後の経過をありのまま記すことに決めました。

◆     ◆     ◆

地震によるオカメパニックから3日目くらいまではとても順調に回復していましたが、その後、急に食欲が落ち、朝 100g 近くあった体重も、現在ではお迎え当初の 83g まで激減してしまいました。 入院もさせましたが、チョコの場合、かなりデリケートで環境が変わるととてもストレスがかかるらしく、ケース内で暴れるなどして余計に悪化させるとのことで、1日で退院せざるをえませんでした。 ぐったりとした状態ではなかったからという理由もあります。

110208

羽根のテーピングは取れたものの、まだ関節が治っていないのか、必死に広げようとしても羽根先が開かず、羽ばたけない状態です。 今後、再び飛べるようになるかどうかは定かではありません。 私たちは飛べると信じております。

まずは、なんとか餌を食べてもらって体力をつけてほしいのですが、羽根の関節が痛むのか、あるいは飛べないことにショックを受けているのか、ぼぉーと空中を見つめたり、目をつむってばかりいます。 あんなに食いしん坊のチョコが、1月28日を境にまったく違うオカメになってしまいました。 今となっては、地震が起きたとき、ストーブを消すのがやっとで、間髪入れずチョコのもとへ駆けつけなかったことがすごく悔やまれます。 阪神大震災を思い出させるような縦揺れでしたので、気が動転してしまい、チョコの元へ行くのが30秒ほど遅れてしまいました。 すかさずケージへ行ってあげたら、こんなことにはならなかったような気がします。 チョコには謝っても謝りきれません。

◆     ◆     ◆

ちょっとでも食べてもらうために、病院でもらった食欲増進剤の他、主食に大好物の餌を入れたり、赤穂を増やしたりといろいろ工夫をしていますが、体重が増える傾向には至っておりません。 これから回復するか否かは、チョコの生命力次第です。 あとは、私たち夫婦が精一杯チョコをかわいがってあげ、 餌を食べて体力が戻ることを、ただただお祈りするばかりです。 以上が、今日までのチョコの状態です。

オカメパニックでけがをした1月28日のおおよそ1年前にも地震があり、チョコはパニックになりました。 そのときは怪我もなく無事で、それ以来、まったくパニックはありませんでした。 まさか、こんなことになるなんて...不可抗力とはいえ悲しいことですね。 オカメを飼ってらっしゃる皆さん、地震には十分にお気をつけくださいね。
次回の記事は、再びお待ちください...。

チョコ chick ブログランキングに参加中です
下のボタンを押してチョコを応援してくださいね

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村

|

« オカメパニックで出血&脱臼 | トップページ | 再入院でやや回復、そして先生になつく »

治療・体重・換羽編」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

チョコちゃん 目にチカラがなくだるそうですね
らんまさんの気持ちを想うと胸が痛くなります

きちんとしたドクターがついていらっしゃるようなので 私のようなど素人のアドバイスを書くべきか悩みましたが参考程度に聞いてくださいね

まずゲージ内の温度は何度くらいにされていますか 調子が悪いときは うちでは30度くらいにしています 人間が思うより調子の悪いときの鳥さんは寒がっていることが多いような気がします 爬虫類サーモがおすすめで温度を一定に保ってくれます ペットショップで買うと高いので わたしはアクアペットサービスというところで買っています 私が知っている中ではここが一番安いです

それから今は何より食べてもらうことです 生きていくためのエネルギーが足りなくなることが一番怖いですから・・・  チョコちゃんはペレットを食べないですよね 栄養バランスのいいペレットを勧める獣医もいますが もちろん普段食べ慣れていない味気ないペレットなんて食べるはずありません ではどうするか 好きなシードをたくさん餌箱に入れるのもいいですが   らんまさん フォーミュラ3のストックはありませんか 万が一もっと食欲が落ちた時これで強制給餌しなければなりません いつでも対処できるように一袋いつもあったら安心です そのフォーミュラですがシードより 今のチョコちゃんには口に入れてもらいたいところです どうするか シードにまぶしてください シードを食べる時に一緒に口に入りますので ペレットを食べない仔にはこのやり方がいいと思います 

それから夜は真っ暗にしないことです チョコちゃんがお腹がすいたなーと思った時いつでも餌が食べられるように少し明かりがあるほうがいいです 鳥さんは明るくても眠たい時には寝ますので大丈夫です

もしチョコちゃんが食糞や敷き紙を食べたり発情の心配がなければ 底網を外し 餌をばらまいておいてください 基本鳥さんは下に落ちているものをついばむ習性があるので これも少しでも餌を食べて欲しい時にやってみてください 

それから デリケートな鳥さんは獣医さんに掴まれただけで死んでしまうことがあります 私も以前 愛鳥を健康診断に連れて行っただけで その後飛べなくなり3日で15グラムも体重が落ちてしまったオカメがいます 獣医に連れていくことは 今のチョコちゃんにはもうかなりきついことだと思います

どれも御存知のことばかり書いてしまったかもしれません 個々の鳥さんによって ベストな方法は違います ですぎたことですいませんでした 

心より祈っています

投稿: ゆき | 2011年2月 8日 (火) 23時45分

チョコちゃんがんばってますね。
実はうちのオカメも、
チョコちゃんの後にパニックを起こし、
羽をゲージに挟んでしまい、押し出すように外しました。
羽は大したことありませんでしたが、
発情中でストレスをかけてしまい、
卵は変形していました(泣)
丸3日も餌を食べませんでしたが、今は回復しました。
どうかチョコちゃんもよくなりますように。
らんまさん達もお元気で無理されないでくださいね。

投稿: 吉見ファン | 2011年2月 8日 (火) 23時56分

チョコちゃんの無事を祈ることしかできないのが心苦しいのですが。。。

ちゃんとらんまさん夫婦の愛情が伝わってますよ!

ちびたん共々、チョコちゃんが元気になるよう願ってます。

投稿: ちびたん | 2011年2月 9日 (水) 10時20分

こんにちは、初めてコメントさせていただきます。
ずっと前からこちらのブログを楽しませていただいています。
うちにもチョコちゃんとよく似たシナモンパールパイドの女の子で年齢も同じくらいのオカメがいて、とても他人事とは思えず…。
うちの子も年末に、今までで一番ひどいパニックを起こして大変だったので…。

らんまさんご夫妻の心痛、お察しいたします。
具合の悪そうな我が子の姿は本当に胸が締め付けられますよね。
心配でたまらないと思いますが、鳥さんはこちらの感情を敏感に察してしまいますし、チョコちゃんがゆったりした気持ちで落ち着けるように見守ってあげてください。
皆さんが色々なアドバイスを書かれているので(私もすごく勉強になります)、私も一つだけ…
リラックスさせてあげるために、クラシック音楽を聴かせてあげてはどうでしょう。
うちの子達(セキセイ+オカメ)は、私が家を空けている間はN○K-FMを小さくずっとかけています。
また、寝かせるときにはカゴを暗くしたあと(真っ暗にはしていません)モーツァルトのCDを聴かせてあげています。
クラシック音楽などの高音は気持ちいいようで、ラジオでもクラシックがかかるとすぐにくちばしをギョリギョリさせていますよ。
全くの無音よりも落ち着くんじゃないかと思うので、よろしければお試しくださいませ。

また、元気なチョコちゃんに会えるよう、毎日遠くから祈っております。

投稿: かぼす | 2011年2月 9日 (水) 10時46分

チョコちゃん、早く元気になってね!
らんまさん、そんなに自分を責めてはダメですよ!
うちのたまちゃんと比べると、チョコちゃんは、ほんとデリケートで繊細な子って感じがしてましたから、ちょっとショックが大きかったのかもしれませんね。
でも、大丈夫ですよ!きっとよくなります!
火を噴くチョコちゃんに早く戻ってね!!!


投稿: たま係り | 2011年2月 9日 (水) 13時52分

チョコ様まだ食欲出ないんですね。
入院させれば強制給餌してもらえるけど
慣れない環境ではかわいそうですよね。

とてももどかしい状態だと思いますが、
チョコ様の回復力を信じるしかないですね!

頑張れチョコ様!!

あまり自分をせめないように
チョコ様の前では笑顔でいてあげてくださいね(^^)

投稿: よーこ | 2011年2月 9日 (水) 14時13分

> ゆきさん
ご親切にいろいろとアドバイスありがとうございます。
ちょっとしたことでも、とてもありがたいです。
私たちができることは、もう何も浮かびませんから。

温度は、おっしゃるとおり30度以上にしています。
常にエアコンはつきっぱなしにしていますが、それに加え、
アクリルケース内にヒーターも付けました。
もちろん、サーモスタットも付けていますよ。

フォーミュラ3は、ゆきさんのアドバイスを受け、
本日買ってきました。さっそくシードにまぶしてみます。

今日から、夜は少し明るめにしようと思っています。
それとケージからケースに入れて寝かせてみます。
当然、水と餌も入れて。我が家のケージはかなり
大きいので、このケージで底網を外して使用するか
どうかは思案中です。

私が強制給餌できればいいのですけどね。
とにかく最後まであきらめずに、チョコの体にとって
少しでもよいことをしてあげたいと思ってます。
奇跡が起きてほしいです。どうもありがとうございました。

投稿: かいとーらんま | 2011年2月 9日 (水) 19時46分

> 吉見ファンさん
そうですか。やっぱりケージに羽根を挟んでしまいましたか。
今から思えば、夜、寝かすときは、プラケースで寝かす
ようにしてやればよかったです。

チョコがなぜ急に食べなくなったのか、さっぱり分かり
ません。パニック後、2日目には朝 97g まで回復して
いたのに。明日はとうとう 70g 台 になりそうです。

ありがとうございます。
弱っていくのに何もしてやれないのが辛いですが、
奇跡を信じて、最後までかわいがってやります。

投稿: かいとーらんま | 2011年2月 9日 (水) 19時55分

> ちびたんさん
私たちも、日々弱っていくチョコを見ながら、なにも
してやれず、とても辛いです。でも、奇跡を信じています。
チョコと話ができたら、何とかしてやれるかもしれないのに。

ありがとうございます。とにかく、一杯かわいがって
あげたいと思います。

投稿: かいとーらんま | 2011年2月 9日 (水) 20時00分

こんばんは。
お久しぶりです。
チョコちゃんのこと、胸がしめつけられる思いです。
かぼすさんがモーツアルトのこと書いておられますが
モーツアルトの音楽は、リラックスさせる効果と、免疫力も高まるそうです。
歯の治療の時に使っている先生もいるとか・・・
試してあげて下さい。
うちの子は何故か私のピアノの音を聞かすと
以前はうっとりと恍惚の表情をうかべていました。
陰ながらチョコちゃんが回復することをお祈りしています。

投稿: yuki | 2011年2月 9日 (水) 20時37分

> かぼすさん
初めまして! チョコのブログを見ていただいて
ありがとうございます。チョコも喜びます。
地震によるオカメパニックは怖いですね。
チョコはこれまで怪我をしたことがなかったので、
すっかり油断してました。お恥ずかしい話ですが。

私はネガティブな性格なため、チョコの前でそういう
表情をしていることが多く、嫁にもよく怒られます。
これからは、できるかぎりチョコの前では明るく
振舞うように気をつけたいと思います。

いつもはテレビが大好きな娘なのですが、今は
しんどそうに寝ていることが多いので、アドバイス
どおり、最近私が寝るときに聴いているモーツァルト
のクラリネット五重奏曲などの室内楽曲を聴かせる
ことにします。チョコも私も心が穏やかになります。

今日から少し明るくして寝かせています。
今まで真っ暗でした。それがいけなかったのかなぁ。

アドバイスをいただき、ありがとうございます。
チョコは私にいろんなものを与えてくれました。
ですから、チョコに精いっぱい恩返しをしてあげたいです。

投稿: かいとーらんま | 2011年2月 9日 (水) 20時41分

> たま係りさん
ありがとうございます。
あんなに元気で健康なオカメだったのに、あの地震の
せいで、こんな姿になるなんて、考えれば考えるほど
普段から対策をとっておくべきだったとか、ストーブは
自動的に消えるので、真っ先にチョコの元へ行くべき
だったとか、後悔ばかりしてしまいます。
私にもっと知識があれば、絶対に防げたはずです。
夜はプラケースで寝かせるとか、真っ暗にしないとか。

元気な姿を皆さまにお見せしたいです。
とにかくチョコをかわいがってあげたいと思います。

投稿: かいとーらんま | 2011年2月 9日 (水) 20時50分

> よーこさん
あれからすっかり食が細くなってしまいました。
最悪の場合は、再び入院させて強制給餌させるしか
ないかと思っています。でもやっぱり、我が家で、
しかも嫁がそばにいると落ち着くみたいなので、
なんとかもとの食欲に戻ってほしいです。

そうなんです。とてももどかしいというか、もし私が
獣医だったらもっとチョコのためにしてやれるのにと
自分の無力さに腹が立ちます。

ありがとうございます。
嫁にもよく注意されます。私はどうも顔に出るタイプ
なんで。チョコには頑張って笑顔で接します。

投稿: かいとーらんま | 2011年2月 9日 (水) 21時21分

頑張って!ちょこちゃん頑張って!

応援することと祈ることしかできないけど

毎日毎日ちょこちゃんのことを考えない日はありません。

きっと元気になってまた楽しいブログがあげられるように

なると信じています。

今が一番つらいかもしれませんが、

がんばりどころかもしれません。

何の力になれませんが、祈ることをやめられません・・・m(_ _)m

投稿: あきこ | 2011年2月 9日 (水) 21時44分

> yukiさん
お久しぶりです。ゆきさんとyukiさんは別の方だった
んですね。失礼しました (^^;

まさかチョコにこんなことが起きるなんて、まったく
思いもよりませんでした。すっかり健康体になって
元気そのものだっただけに、正直、悲しすぎます。

免疫力を向上させるなら、あしたからチョコには
モーツァルトを聴かせまくります。
ありがとうございます。なんとか元気な姿になって
もらって、再び、楽しい内容のブログにしたいです。

投稿: かいとーらんま | 2011年2月 9日 (水) 21時53分

> あきこさん
いつも応援していただき、ありがとうございます。
そうですね。ここが頑張りどころだと思います。
悲しい内容のブログにしたくなかったのですが、あれから
いつもと変わりないくらいアクセス数があり、とても
ありがたく、報告せずにはいられませんでした。

病気ではなくて、たかが震度3の地震でこんなことに
なるなんて、もう、やりきれない気持ちで一杯です。
これは私に対する試練なのかと思いたくもなります。

チョコはきっと元気になってくれると信じています。
また元気な姿をブログでお見せしたいです。
チョコのために祈っていただき、感謝しています。

投稿: かいとーらんま | 2011年2月 9日 (水) 22時03分

チョコちゃんきっと大丈夫ですよ!
かいとーらんまさんが大丈夫だと念じていればきっとチョコちゃんにも伝わりますよ。
この時期、換羽の子が多いですがチョコちゃんは如何でしょう?
そのせいで体重落ちてる可能性もありますから。
あとかかりつけのお医者さんに教わったんですが、シードにえごま油を一滴たらしてあげると良いみたいです。
えごま油は圧搾のみの純度100%ので。
もうされてるかもしれませんが、飲み水にもネクトンSを混ぜてあげても栄養補給になります。
いち早い回復を祈っております。

投稿: ニコマコパパ | 2011年2月10日 (木) 01時33分

度々すいません
チョコちゃんは 羽づくろいをまったくしない状態なのですか 状態が悪くなれば足にきます よい方向になれば羽づくろいをしっかりします  チョコちゃんがプラケースを嫌がり また今日ゲージに戻すなら レイアウトを変えずゲージを底上げしてみるのも一つの方法です 理想は いつも止まっている止まり木のすぐ下まで床面をもってきます いきなりで怖がるようであれば 今日は止まり木の下10センチ 明日は5センチと少しづつあげてあげてもよいです 止まり木に止まるのがつらいと降りてきますので 爪がひっかかりにくい素材の布を敷いてあげてください 白っぽいのがよいです 広告やキッチンペーパーでもよいですが 動いた時に紙がフワフワっとなると またそれにびっくりしますのでしっかりと浮き上がらないようにセロテープで固定してください 底上げの仕方はいろいろありますが 私は底網を適当な位置まで持ち上げ結束バンドで四隅を固定します 100均で売っています
それから ますます食欲が落ちてしまった時ですが らんまさんちにはシリンジはないですか 薬を経口投与する時に使うものです チューブをソノウまで入れる本格的な強制給餌でなく フォーミュラを適温でお湯と混ぜ シリンジで与えてみてください チョコちゃんがひどく嫌がるようであれば勧めませんが・・・ 調子が悪ければ悪いほど 濃度を薄め 少量づつ30分おきぐらいに与えるのが よいかなと思います シリンジは事情を話せば近くの犬猫病院で頂ける場合もありますが先生によります 
なんとか食べて今を持ちこたえてほしいです
 

投稿: ゆき | 2011年2月10日 (木) 06時24分

はじめまして。
いつもこっそり読み逃げしてました。
チョコちゃんが心配で心配で!!
(>_<)

病院は鳥専門の病院ですか?
プラケースはチョコちゃんがイヤみたいですが、お写真見ると、ケージはアクリルケースやビニール等の保温対策がされてないように見えたのですが…
ウチの、オカメさんが、突然吐いて食べなくなって目をつむるばかりで弱ってしまった時に鳥専門病院に連れて行って、獣医さんに、『ケージは30度で保温して!!』と言われました。 弱ってる時はとにかく保温が大事みたいです!!
翼の回復には時間がかかるかもですが、とにかく食欲を出して元気になって欲しいです!!
チョコちゃん頑張って!!

投稿: dolce | 2011年2月10日 (木) 12時32分

しょっちゅう、このブログを覗いていましたが、なかなか更新されないので心配でした。

あれから大変な日々を過ごされていたのですね(;-;)
地震は人間へのダメージだけでなく、ペットにも大きなダメージを与えるんだと改めて実感しました。

私はオカメ初心者なので、らんまさんにアドバイスできる事など、なにもないのですが、とにかくチョコちゃんがまた元気に復活することを、心からお祈りしていますね。

投稿: じんこ | 2011年2月10日 (木) 17時25分

心配で何度もブログに来てしまいました。

セキセイインコのがっちゃんも体重が、41グラムから、31グラムになり、吐いてしまい餌を食べてくれず、フォーミュラを「シリンジ」を使用してあげました。
なれない手つきでしたが…。少しでもあげると食欲がでました。オート麦を食べてくれました。
飛べなくなってしまったけれど元気になりましたよ。

チョコさまが元気になって食欲が出ますように祈っています。

何もアドバイスできずすみません。
チョコちゃんの大好きな音楽はありませんか?

それから「シリンジ」ですが。
「楽天」の、「小動物専門店ヘヴン」さんのお店で売っています。
「シリンジ 10ml」ベビーフードをあげる時や、液体のお薬の飲ませる時などに、しっかり計量でき、滅菌済みのシリンジです。

■商品番号 2424
■価格
\ 210
(税込)送料別


それから。「フードポンプ10cc」
鳥用 メーカー:スドー ・ポンプサイズが小さくなりました。(大きすぎず使いやすいです)・付属チューブが2種類になりました。(4mmと2.3mmの2種類です)細いチューブが付属されたことで、小型~中型のインコさんに。
■商品番号 0930
■価格
\ 451
(税込)送料別

と2種類売っています。他にもあると思いますが。

チョコさま元気になりますように。
食欲でますように。

投稿: ぷろろ | 2011年2月10日 (木) 17時30分

> ニコマコパパさん
ご心配いただき、ありがとうございます。
チョコには先代のキョロの分まで20歳まで元気で
いてくれるものと、お迎え当初からそのつもりで
いましたから、この最大の危機もきっと乗り切って
くれると信じています。

換羽は大丈夫です。だらだらとした換羽はありましたが
現在はそれもないみたいです。
シードにえごま油ですか。これは初耳ですね。
また試して見たいと思います。
ネクトンは普段から使用してます。現在は、QとBを
飲み水に入れています。

いろいろとご親切にアドバイスしていただき、ありがとう
ございます。ちょっとしたことでも本当に助かります。

投稿: かいとーらんま | 2011年2月10日 (木) 20時55分

> ゆきさん
いえいえ、ちょっとしたアドバイスでもとても助かります。
チョコは、羽づくろいはずっとしてます。羽づくろいばかりで
餌をたべないといった感じです。

プラケースはなんとか慣れてくれたみたいです。
実は後で記事に書きますが、今日、入院させました。
強制給餌しかもう手がないので、先生にお任せする
ことにしました。おとなしくしているそうです。

なるほどケージの底上げはいいですね。とてもご丁寧に
説明していただき、とてもよく分かりました。
この方法もあたまに入れて置きます。ありがとうございます。

シリンジは、先代のキョロに使っていたものが幾つか
あるのですが、チョコにはまったく使えません。
さし餌の子じゃないから尚更かもしれませんが、
とにかく異常に嫌がります。食欲増進剤も直接飲ませ
ようとすると、頑として受け入れません。
ですから、そのうまで管を入れて強制給餌するしか
ないのです。私がそれをできたらいいのですけどね。

前回といい、チョコのために詳しくアドアイスしていただき
とても感謝しています。
きっと、持ちこたえてくれると信じています。

投稿: かいとーらんま | 2011年2月10日 (木) 21時34分

> dolceさん
はじめまして。チョコを心配していただき、ありがとう
ございます。チョコは幸せなオカメです。

チョコのかかりつけの病院の担当医は、鳥専門の
先生です。阪神間では有名な病院で、これまで、
チョコの病気をすべて治してくださいました。

写真がうまく撮れてなくてすみません。
チョコはお迎え時にマイコプラズマをもっていたことも
あり、部屋はエアコンで四六時中29度前後あり、
ケージを囲むアクリルケースも設置しています。
今回の怪我以降は、更にケージに100Wのヒーター
とサーモスタットをセットして、30度を下回らない
ようにしています。
とにかく温度と湿度だけは神経をつかってます。

ご丁寧にアドバイスしていただきありがとうございます。
皆さまの声援が、きっとチョコに伝わると思います。

投稿: かいとーらんま | 2011年2月10日 (木) 21時53分

チョコちゃん しんどいけど、ご飯食べて。
体力がつけば、少しずつ良くなっていくから大丈夫よ。

心配することしかできませんが、少しでも体調が戻りますように祈っています。

投稿: みほ | 2011年2月10日 (木) 22時22分

> じんこさん
こんなに悪化するなんて、まったく予想していませんでした。
地震さえなければと、何度も考えてしまいます。

私は阪神大震災の被災者で、3年ほど親と仮住まいを
しました。怪我は、本棚の下敷きになり、少しだけ
顔を切ったくらいで済みました。それを思えば、
まさか震度3程度の地震で、チョコがこんなことに
なるとは...本当に迂闊でした。

いえいえ、あたたかいお言葉だけで十分です。
きっと元気なチョコになってくれると思います。

投稿: かいとーらんま | 2011年2月10日 (木) 22時39分

> ぷろろさん
ありがとうございます。皆さんに励まされ、それが
きっとチョコの力になると思います。

チョコもがっちゃんのように復活してほしいです。
本人にはショックでしょうが、たとえ飛べなくても
元気に生きてほしいいんですけどね。

シリンジとフードポンプの詳細な紹介ありがとうございます。
実を言いますと、シリンジについては、キョロのとき
使っていたものが何本かあります。
当然、使用するときは消毒しないといけませんが。
ただ、問題は、チョコはさし餌の子ではなくて、スポイトで
食欲増進剤を飲ますことさえも、頑として拒否する
ことです。それでも無理やりクチバシをこじ開け、
飲まそうとすると首を振りまくります。これが問題な
んです。ですから、残る唯一の方法は、そのうまで
管を入れ強制給餌させるしかありません。

そこで、今日、入院させました。また後で記事を書きます。
ありがとうございます。奇跡が起こると信じてます。

投稿: かいとーらんま | 2011年2月10日 (木) 23時29分

> みほさん
皆さんにご心配をかけて、申し訳ないです。
でも、きっと皆さんのあたたかいお言葉がチョコに
伝わり、元気の源になると思います。

一体なんで食べなくなったのか、チョコと話ができたら
いいのに。やっぱり、飛べないことがショックなのかな。
飛べることができたなら、すぐに元気になっていた
ような気がします。

どうもありがとうございます。きっと復活します。

投稿: かいとーらんま | 2011年2月10日 (木) 23時40分

再入院しか方法がなくなったとは・・・
食欲が戻ることを願ってましたが。
かいとーらんまさんご夫妻のご心労を考えると
なんてコメント書いていいのか・・・

チョコちゃん、がんばれーーーーーーー!

投稿: ピカちゃんの養母 | 2011年2月11日 (金) 10時02分

初めまして、Mimiと申します。
奥様のましろさんには、いつも私のブログにコメントをいただいたりとお世話になっておりました。
最近、ましろさんのブログ更新が止まってましたので、
チョコちゃんに何かあったのかな?と心配してました。
昨日旦那様もブログを書いていたことを思い出し、こちらを拝見させていただきました。

そして、本当に驚きました。
昨日の夜中、チョコちゃんの状態を知り涙が止まりませんでした。
ましろさんの気持ちを思うと、こうして書きながらも涙が止まりません。

再入院したとの事でしたが、そうすることでエサを食べてくれるのなら安心ですよね。。。
またチョコちゃんの元気な姿を見られることを信じて待っています。

投稿: mimi | 2011年2月11日 (金) 14時22分

なかなか更新されないこちらへ訪問するのが恐怖でした
チョコちゃんやはり入院ですか
正直これは専門のドクターに一切お任せした方が良いのかしら…と思っていたのです…
その後の様子はいかがでしょうか
我が家のぽんちゃんも生死の境目を漂いながらドクターに助けていただきました
身体をふくらませ寝てばかりいたぽんも入院により元気になり今に至ります
チョコちゃんも基本的な体力はありそうですし なにより飼い主ご夫婦の愛情をたっぷり受けています
がんばってチョコちゃん
一日も早い回復をお祈りしています

投稿: ポン | 2011年2月11日 (金) 18時11分

> ピカちゃんの養母さん
昨日、再入院させ、信頼できる先生にお任せしました。
ただ弱っていく姿を、見てるしかないのはとても辛い
です。ここは入院させた方がベストの選択かと。

ありがとうございます。オカメは繊細なんですね。
体の傷とというより心の傷の方が大きいような気がします。
不可抗力なのでこれがチョコの運命といってしまえば
それまでなんですが、ただ飼い主としては、なんらかの
対策を講ずるべきだったと、悔いが残ります。

投稿: かいとーらんま | 2011年2月11日 (金) 19時21分

> Mimi さん
はじめまして! いつも嫁がお世話になっています。
よく嫁から、ネフェルちゃんとラムセスちゃんの話を
聞いていますよ。羨ましいほどかわいいです (^^

病気に関しては、血液検査を含めた定期健診をして
この2年間で、病弱な子がすっかりしっかりとした体格と
健康体になってくれたのに、先の地震でパーになって
しまいました。不可抗力とはいえ、納得できないです。

弱ったチョコをみていると、元気な時の姿を見て涙が
でてきますが、事実を素直に受け入れ、退院したら
今まで以上にかわいがってあげるつもりです。

ご心配をおかけして申し訳ないです。
入院後は、今のところ強制給餌も順調のようです。
どうもありがとうございます。嫁には更新するように
いっておきます。

投稿: かいとーらんま | 2011年2月11日 (金) 19時51分

> ポンさん
昨日、再入院させました。おかげさまで、今のことろ、
強制給餌も吐かずに順調に行われているようです。
これまでにいくつもの病気を治していただいた信頼の
置ける先生なので、預けるのがベストかと。

まさかケージの間に羽根が挟まるなんて、思いもより
ませんでした。知識不足ですね。寝かすときはケージ
以外のものを使うべきだったと、後悔してやみません。

あたたかいお言葉ありがとうございます。
私の命よりも大切なチョコですので、たとえ飛べなくとも
元気なチョコに復活して、長生きしてほしいです。
そして皆さんに明るいネタを提供していきたいです。

投稿: かいとーらんま | 2011年2月11日 (金) 20時09分

初めまして。
前回の記事からたびたびお邪魔させて頂いてます。
チョコちゃんの様子、とても気になってました。
本当は、前回にコメントすれば、少しでもお役に立てたのかな?と今、とても後悔しております。
ごめんなさいね。なんか、勇気がなくて・・・(-"-)

ほんと、地震って怖いですよね。
もちろん、揺れてパニックもそうですけど。
オカメの場合は、精神的なことでその後もずっと後を引くのです。
我が家にもいますので、ほんと毎回苦労してますよ。(~_~;)


一番困るのが食欲が無くなり、鬱状態がずっと続くこと。
そればかりは、獣医さんでもどうにもならない事をよく知っています。
私の経験では、やはり小鳥自身に自分を取り戻してもらう方法しかないかな?と思います。

その方法ですけど。
我が家で行うことは、環境をまず整えてあげること。
なるべく落ち着けるように好きな音楽をかけてあげるとか、
よく話しかけてあげることです。
そして、ご飯はなるべく大好きなものを中心にあげる。
これは、獣医さんに教えてもらった方法ですけど。
早急に体重を増やしたい場合は、脂肪分の多い飼料をあげると良いそうですよ。
チョコちゃんは、お好きかな?ヒマワリとかカナリーシード。^^

それから、チョコちゃんの場合、出血をしてますので貧血が心配です。よって、体が冷えやすいので保温だけは十分に行ってあげて下さい。但し、温度を上げすぎると今度は、脱水状態になってしまいますので、理想は28度くらいが良いかと。
ついでに、しばらく夜間は真っ暗にせず、薄暗くなる程度の明るさにしてあげると良いと思います。

ちなみに我が家には、チョコちゃん以上に巨漢なオカメ♂がおりまして。その子もやはり一気に体重が落ちます。かなりのビビリーです。
よって、いつもこの様な起きた場合は、体重を戻すまで長期戦となります。^^;;

それと・・・、あまりご自分を責めないで下さいませ。
天災はほんと予期できぬことですので。(^_^;)
では、初めてなのに。長々と書いてすみません。
チョコちゃんの早期回復を願ってますね。(*^_^*)

投稿: MITO | 2011年2月11日 (金) 21時11分

> MITOさん
はじめまして!
チョコを気にして頂きありがとうございます。
いえいえ、気にして下さるだけでも、とてもありがたい
ことです。チョコは幸せものです。

オカメはとても繊細で、それが良いところでもあり
悪いところでもありますよね。しかし、今回はまいりました。
私も久しぶりにドキッとした揺れでしたので、チョコに
とっては、さぞ怖かったんじゃないかなと思います。
チョコがしょんぼりして元気がないと、私も気がかりで
体調が悪くなってしまいますで、早く自分を取り戻して
もらいたいです。

色々とアドバイスありがとうございます。
MITOさんのアドバイスをはじめ、皆さんに頂いた
アドバイスを元に、チョコにとって快適な環境を整えて
やりたいと思います。チョコの好きな音楽って何かな?
テレビは大好きですけどね。とりあえず、モーツァルトの
室内楽の穏やかな曲をチョイスして、聴かせてあげる
ことにします。チョコが大好きな嫁が傍にいることが、
一番安心してゆったりできるみたいですけどね。

保温と高脂質の餌、そして夜、真っ暗にしないことに
気をつけていきたいと思います。特に今回、皆さんに
アドバイスを頂き分かったことは、薄暗い状態でも
十分に寝ることが可能だという点です。
これまで、熟睡できるようにと真っ暗にしてました。
大失敗でしたね。

長期戦になることは覚悟してます。とにかく大事な
子ですので、いつものように元気になってもらいたいです。
ちょっとしたアドバイスも、とてもありがたいものです。
今回、たくさんの方から助言を頂き、まだまだ私は
オカメに関する知識が不足していたんだと痛感しました。
病気に関してはかなり勉強してきたのですが、パニック
については、その予防策も含め勉強不足でした。

チョコのために、たくさんのアドバイスを頂き、感謝
してます。ありがとうございます。
再び元気なチョコの姿をお見せできると信じています。

投稿: かいとーらんま | 2011年2月11日 (金) 23時25分

体重が極端に落ちた場合、上のコメントでも
書いてる方がいらっしゃいますがシリンジなどで
強制給仕することも必要かもしれません。
うちは、麦たろうがお迎え間もなく体重減少。
その頃たまたま病院へ健康診断に行くことになってたんで
先生に訊いてみたら、82gの麦たろうが80g切るようなら
強制給仕してください。と言われました。

体重は鳥さんにとって大切な健康バロメーターですよね。
また以前のチョコちゃんのようにモリモリ食べるように
なってほしいです。
らんまさんもあまり自分を責めずにチョコちゃんの回復を
信じて待ちましょう?
飼い主が動揺しちゃうと鳥さんも敏感にキャッチしちゃうからね。

投稿: かのこ | 2011年2月12日 (土) 03時39分

> かのこさん
強制給餌が我が家でできたなら、いいんですけどね。
残念ながら、そのためには先生にお任せするしか
ありません。しっかりとそのうまで管を入れないと、
チョコの場合、かなり嫌がり抵抗し、飲み薬さえ
受け付けませんので。

現在、入院させていますが、先生によれば、すんなりと
強制給餌を受け入れてているようです。
オカメ個々によって体格が違いますが、80gというのが、
強制給餌を行うひとつの目安なのかもしれませんね。

ありがとうございます。とにかく食欲が戻ってほしいです。
チョコの前では明るく振る舞うように心がけます。
しょんぼりとしているチョコを見ると、元気なときのチョコを
思い出し、涙がこぼれてきますが、かのこさんはじめ、
皆さんのアドバイスにより、これはチョコのためによくない
ことが分かりましたので。

投稿: かいとーらんま | 2011年2月12日 (土) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543403/50812735

この記事へのトラックバック一覧です: その後のチョコの状態:

« オカメパニックで出血&脱臼 | トップページ | 再入院でやや回復、そして先生になつく »