« キョロちゃんの1周忌 その1 | トップページ | キョロとチョコとそしてハンミョウ »

2009年10月12日 (月)

キョロちゃんの1周忌 その2

...前回からの続き
お迎えする以前から、キョロちゃんがメガバクテリアやマイコプラズマかアスペルギルスを既にもっていたとしても、飼い主として免疫力の低下を防いだり、初期症状がでた時点で早々に治療を始めることもできたはずです。そうすれば、こんなにも悲しいお別れすることもなかっただろうと、今でもそう思っています。私が犯した過ちは、(1) 体調が万全ではないのに、キョロちゃんがケースの外に出してくれとあまりにもせがむため、ちょくちょく出して遊ばせてしまったこと、(2) 鼻水がでた時点でDNA血液検査を受けさせるべきだったのにそうしなかったこと、(3) オカメの雛を育てることをあまく見ていたことです。

091012_1

飼う前には本を読んだりネットで調べたりしていましたので、オカメに関する知識が皆無だったわけではありませんでした。ですから、オカメの雛を育てることは、他のトリに比して難しいことも承知していました。しかしながら、過去に飼ったセキセイインコの雛たちがいずれも元気ですくすくと成長しましたので、オカメだって結局同じようなものだろうとの先入観をもってしまい、すっかり油断をしてしまったのです。キョロちゃんが鼻ちょうちんをつくっていても、「風邪が少しひどいだけ」 とたいして心配もせず、ましてや落鳥することなんてまったく考えも及びませんでした。そのとき私は、風邪よりも日々の体重の増減の方ばかり気にしていたのです。キョロちゃんには謝っても謝りきれません。

ところでキョロちゃんのお墓は、トリさんが多く生息する近所の林の中にあります。この1年間欠かさず週に1回は、お花を持参しておしゃべりをしに墓参りをしてきました。今日(正確には13日の午前2時)は1周忌にあたりますので、いつもよりも豪華なお花と餌をたっぷり持ってお墓へ行こうと思います。喜んでくれるかな?

091012_2

親愛なるキョロちゃんへ...chick
「いつも私にべったりと懐いてくれて、病気なのに必死に元気な姿を見せてくれたキョロちゃん。短い間だったけど幸せをくれてありがとう。 いつか一緒に虹の橋を渡ろうね。それまで待っているんだよ。今はキョロちゃんの分までチョコちゃんを可愛がるから、キョロちゃんもチョコちゃんの守護神でいてあげてね!」

チョコです chick いつも見てくれてありがとう
下のボタンをポチっと押してくれたら嬉しいな

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ

|

« キョロちゃんの1周忌 その1 | トップページ | キョロとチョコとそしてハンミョウ »

キョロちゃん編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543403/46453807

この記事へのトラックバック一覧です: キョロちゃんの1周忌 その2:

« キョロちゃんの1周忌 その1 | トップページ | キョロとチョコとそしてハンミョウ »